急性白血病
急性白血病と言われてもあきらめないで下さい、初期症状から正しい治療方法を紹介
スポンサードリンク

トップページ >急性白血病余命

急性白血病余命

急性白血病の余命は年齢や治療、それに急性白血病のタイプによっても違ってきますので、どれくらいとは言われていないのですが、急性白血病は治ることもある病気なので余命の宣告を受けるのは稀です。

病気のタイプ別でも異なる

再生不良貧血・骨髄異型性症候群・多発性骨髄腫・骨髄線維症などの疾患でも変わってきますし、急性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病というタイプでも余命は違ってくると言われています。

余命急性白血病が再発すると、抗がん剤が効かなくなってしまうことがあるため、余命を宣告されたというケースもあるようですが、ドナーが運よく見つかれば回避できると言われています。

また急性白血病で入院している時に、肺炎を併発してしまうと危険な状態になってしまいますので、医師によっては命がもっても後どれくらいという、余命の宣告のような言い方をすることもあるようです。

このように確定はされていませんし、発症後の平均寿命は抗がん剤治療や放射線療法、それに造血幹細胞移植などを受けることによって、20年以上にすることもできると言われています。

もしも医師に宣告を受けるようなことがあった場合は、医師に病気の状態や治療方針をもう1度しっかり確認したほうが安心できるでしょう。