急性白血病
急性白血病と言われてもあきらめないで下さい、初期症状から正しい治療方法を紹介
スポンサードリンク

トップページ >急性白血病治療期間

急性白血病治療期間

治療期間急性白血病の治療期間は最低でも10ヶ月以上、場合によっては10年かかることもあると言われています。状況や治療法にもよりますが、一般的には急性白血病治療期間としては2年から6年程度のことが多くなっています。

このようなことを聞くと、長い間自宅に戻れないと思う方もいます。
しかし、入院している期間は初期の段階と、途中の強化療法を行う期間のみで、入院と退院を繰り返すようになるので、ずっと入院生活になるわけではありません。

また、急性白血病治療期間は症状の経過などによって変化してきますので、初期の診断の段階で医師に聞いたとしても、おおよその目安にしかならず、途中経過によっては短くなることも長くなることもあります。最低でも10ヶ月以上はかかりますので、完治するまでは気長に頑張ることが大切になります。

治すという意識を強く持ちましょう

闘病中は耐えられないぐらい長く感じたのに、終わってみると短かったと感じる方が多いので、しっかりと治すという意識を強く持ちましょう。また、家族など周囲の方も患者本人を支える為に、気長に構えておきましょう。

長くかかると考えておけば、予定より早く終わった時に喜びも大きくなります。その為、一般的には6年程度はかかり、長ければ10年かかることもあるとだけ覚えておくと良いでしょう。