急性白血病
急性白血病と言われてもあきらめないで下さい、初期症状から正しい治療方法を紹介
スポンサードリンク

トップページ >小児急性白血病

小児急性白血病

小児急性白血病は、子どもが罹患するがんのうち、最も罹患率の高い病気であることが知られています。原因についてはまだ不明なことも多くあり、解明されるには至っていません。

遺伝的な要素

子ども遺伝的な要素があるのではと疑う人もいますが、小児急性白血病は遺伝により罹患するケースはありません。親族にこの症状が現れたことがあるからといって、罹患率が高まるわけではありませんから、過度に心配する必要はありません。

1 血液中の白血球に異常がある場合
この病気は遺伝子に傷がついたり、何らかで遺伝子情報に問題が生じたりすると発症する可能性があることがわかっています。実際には、血液中に白血球が異常なまでに増え広がることで発症します。

そのため、血液の凝固因子である血小板の産生が抑制され、出血しやすくなったり、出血してもなかなか血が止まらなくなったりします。小児急性白血病は鼻血がなかなか止まらなくなったり、歯ぐきからの出血が起きやすくなったりといった症状が見られます。

遺鼻血の種類

鼻血については、鼻腔内の粘膜に傷がつき、出血を見ることが一般的ですが、見分ける際のポイントは、止血をしても通常の鼻血のようになかなか止まらない状態が続くかどうかということです。

また小児急性白血病の特有の症状として、内出血が頻繁に起きたり、顔色が悪い状態が続いたりする場合もあります。