急性白血病
急性白血病と言われてもあきらめないで下さい、初期症状から正しい治療方法を紹介
スポンサードリンク

トップページ >急性白血病症状

急性白血病症状

症状急性白血病の症状は、正常な白血球や赤血球、それに血小板を作れなくなることで症状が出てくると言われており、倦怠感・息切れ・出血・高熱などがあらわれます。

倦怠感は体中に酸素を運んでくれる赤血球が減ることで起こりますし、体を動かした時には疲れやすくなりますので息切れが起きてしまいます。

そして血小板が減ってしまうことで出血が起こりやすくなるのですが、主に鼻出血や歯肉出血が多くなりますし、重い出血になると脳出血や胃などからも出血してしまうのです。

それに怪我をした時には血が止まりにくくなってしまいますし、それほど強く打ったわけでもないのにアザが簡単にできてしまうこともあると言われています。

白血病細胞の動き

また急性白血病の症状でも厄介と言われているのが、骨髄の中にある白血病細胞が血液の中に流れ込んでしまうと、肝臓やリンパ節、それに歯肉などにも浸潤してしまいます。

こうなると腫れを起こしてしまい、強い痛みを伴ってしまいますので、急性白血病の症状の中でも1番厄介と言われているのです。

このような症状がある急性白血病は、早めの精密検査を受けると完治する可能性が高いと言われていますので、できれば急性白血病に詳しい医師がいる血液内科専門医に診てもらうと良いでしょう。