急性白血病
急性白血病と言われてもあきらめないで下さい、初期症状から正しい治療方法を紹介
スポンサードリンク

トップページ >急性白血病初期症状

急性白血病初期症状

初期症状急性白血病はあまり発症しないと言われている病気ですが、1つの白血病細胞が出たら半年くらいの間に症状が出てくると言われています。

この急性白血病の初期症状は、風邪をひいたときの発熱や、体のだるさなどの症状に似ていると言われており、初期症状だけでは急性白血病と診断するのは難しいことだとも言われているのです。

また出血してしまったときには止まりにくいと言われていますし、ちょっとしたことでもアザが出来やすいというのも、急性白血病の初期症状だと言われています。

鼻血・歯肉出血

体の中では血小板が減少してしまいますので、今までよりも鼻血が多く出てしまいますし、歯肉出血が多くなります。

息切れ・動悸・貧血

息切れそして骨髄の中で白血病細胞が増えてしまいますので、赤血球や血小板が作られなくなり、息切れや動悸、それに貧血などの初期症状もみられると言われています。

急性骨髄性白血病の3大初期症状

このような息切れ・動悸・貧血・鼻血・歯肉出血は、急性骨髄性白血病の3大症状と言われており、骨髄の中で正常な細胞があまり作られなくなることで、急性白血病が引き起こってしまいます。

またこのような初期症状があらわれてからでは、治療に掛かる時間や費用が多くなってしまうこともありますので、定期的な血液検査や、必要と思った時には骨髄検査を受けるようにしてください。