急性白血病
急性白血病と言われてもあきらめないで下さい、初期症状から正しい治療方法を紹介
スポンサードリンク

トップページ >急性白血病生存率

急性白血病生存率

血小板や白血球、それに赤血球が骨髄の中で腫瘍化してしまう病気を急性白血病というのですが、この急性白血病には「急性白血病と急性リンパ性白血病」に分けれられています。

そして急性白血病の5年生存率は約25パーセントから40パーセントくらいと言われており、急性骨髄性白血病の5年生存率は20パーセントくらいから30パーセントくらいと言われています。

完全寛解率

生存率急性白血病の生存率はこのように低くなっているのですが、完全寛解率をみてみると急性リンパ性白血病は60パーセントから85パーセントくらいになっています。

また急性白血病の完全寛解率は60パーセントくらいから75パーセントくらいと言われており、この完全寛解率とは治療が完了した後に、新しい血液が作られているのを確認し再発が無い事を言います。

病気により異なる生存率

急性白血病の生存率は、病気の進行具合や治療方法、それに病院や患者の年齢などによって変わってくると言われていますので、先ほど説明した数字とは多少異なることがあります。

このように急性白血病の生存率よりも、完全寛解率の方が高くなっているということは、完治できる確率のほうが高いということなので、諦めずに戦うことが重要なのです。