急性白血病
急性白血病と言われてもあきらめないで下さい、初期症状から正しい治療方法を紹介
スポンサードリンク

トップページ >急性白血病再発

急性白血病再発

急性白血病は予後不良な悪性の血液疾患と言われており、白血病細胞が著しく減ったとしても、1個の白血病細胞が残っているだけで再発してしまうこともあるようです。

急性白血病また急性白血病では、骨髄の中に未熟な細胞が100億個以下になると正常な造血幹細胞が増えて症状が治まることを寛解というのですが、寛解が1年以上続くと再発の可能性が低くなると言われています。

それに治療を行ったにも関わらず、白血病細胞の減少があまり無く、長い期間寛解の状態にならないことを治療抵抗性白血病というのですが、この治療抵抗性白血病は再発する可能性が高くなっています。

再発率

しかし近年の医学の進歩によって、再発する可能性が低くなってきており、ひと昔前の急性白血病の再発する確率よりも数パーセントは低くなっていますので、これからも更に低くなる期待が持てます。

そして再び急性白血病になってしまいますと、辛い治療をまた受けなくてはいけないのですが、治療費もまた高く掛かってしまいますので、精神的にも急性白血病に負けないようにしなければいけません。

また造血幹細胞移植を受ければ再び患う可能性はほとんど無いと言われていますが、ドナー不足という問題を抱えています。