急性白血病
急性白血病と言われてもあきらめないで下さい、初期症状から正しい治療方法を紹介
スポンサードリンク

トップページ >急性白血病原因

急性白血病原因

人間なら誰しも病気や怪我をしないで、健康な毎日を過ごしていきたいと思うのですが、急性白血病のような予想だにしなかったことが、いきなり自分の身に降りかかってくることがあります。

急性白血病は治療に緊急を要する病気と言われており、数カ月くらい治療を受けないだけで、死んでしまう可能性が高いと言われている病気のひとつになります。

原因この急性白血病になってしまう原因は、骨髄の中にある造血幹細胞が様々な細胞に成長していくのですが、この成長していく過程で異常が起こった時に成長を止めた造血幹細胞が骨髄に残ってしまいます。

そして骨髄の中に残った不必要な細胞が、骨髄の中に溜まり過ぎてしまって占拠してしまうと、正常な細胞が造られなくなってしまい原因となっているのです。

こうしたことが原因になってしまう急性白血病は、日本人で急性白血病になってしまった人の8割くらいが急性骨髄性白血病となり、残りの2割くらいの人は急性リンパ性白血病となります。

また急性リンパ性白血病の原因は、今だに解明されていないところもありますが、放射線の被ばくやウィルスによる感染が原因と言われていますし、高圧線の電磁波などもそうではないかと言われています。